審美治療(セラミック)

被せるタイプの人工の歯は健康保険の適用範囲内では、どうしても奥歯は銀歯になってしまいます。

前歯では金属にプラスチックを焼き付けるタイプのものがありますが、変色し臭いも付きやすく歯肉に炎症を起こす可能性もあります。

そこで、セラミックであれば審美的にも美しい状態が長持ちし、生体に優しい材料なので安心して使用できます。

色の面だけでなく、多少であれば歯並びも改善することが出来ます。

審美治療-被せるタイプ(クラウン)

オールセラミック

●金属を全く使用しないタイプです。
●審美的に要求の高い患者さんや、金属アレルギーの患者さんで歯科用の金属に対して全く使用出来ない場合に効果的です。
●透明感もあり自然な感じに仕上がります。オールセラミックの場合、土台は金属を使わないファイバーコアをセットで使用します。

◆ オールセラミック
前歯(123番目)… 細かな色調を調整出来るタイプ: ¥80,000 (税別)

小臼歯(45番目)… 大きな強度が必要ない部位用: ¥77,000 (税別)         
大臼歯(67番目)… 強度の必要な部位用: ¥130,000 (税別)

◆ファイバーコア(オールセラミック用の土台、金属アレルギーの患者さんは必須): ¥15,000 (税別)

金属焼き付け陶材冠

●従来「セラミックの歯」と言われているものはこのタイプになります。その構造は金属のフレームにセラミックを焼き付けて製作されています。
●オールセラミックより強度が高く信頼性があります。
●前歯を治療した場合は透明感がありますが、奥歯を治療した場合はやや透明感に欠けます。
●使用する金属はグレードの高い貴金属を用いますので、金やプラチナにアレルギーの無い患者さんに使用出来ます。

◆金属焼き付け陶材冠(金属の土台を含む): 1本¥85,000  (税別)

*こちらの土台の金属はシルバーになります。金属アレルギーの無い患者さんに使用出来ます。しなりのある土台用の金属です。
貴金属は使用出来てもシルバーを使用する事が出来ない患者さんにはファイバーコア(費用別途)をお勧め致します。

金属アレルギーの患者さんで症状により、金属のグレード上げればこのタイプで治療出来る場合
◆ハイグレード金属焼き付け陶材冠: 1本¥90,000 (税別)

審美治療-詰めるタイプ(インレー)

中位までの虫歯では、セラミックを詰めることも出来ます。型をとって、次の回に装着します。

◆セラミックインレー: ¥35,000 (税別)

その他の材料を使った治療

ハイブリット

●セラミックとプラスチックが混ざった材料です。
●健康保険の治療で使用するプラスチックの歯より耐久性がありますが、セラミックより色も耐久性も上回ることはありません。
●プラスチックアレルギーの無い患者さん向けです。
被せるタイプ: ¥40,000 (税別)
詰めるタイプ: ¥25,000  (税別)

ダイレクトボンド

●その場で詰めるタイプです。
●健康保険のその場で詰めるプラスチックの材料に対して色と耐久性で上回ります。
●プラスチックアレルギーの無い患者さん向けです。
1ヶ所 ¥10,000~15,000 (税別)

プラスチック(健康保険適用)

●現在では前歯において、金属にプラスチックを焼き付けたものが色と耐久性の面でも主流となっています。
●金属アレルギーの患者さんにはプラスチックのみで製作されたものを治療に使います。
●水分を吸う作用がありますので、早期に変色し摩耗します。
●臭いの原因にもなっています。
●歯肉に炎症を起こす可能性があります。
●被せるタイプ(5番目までの歯に適用)とその場で詰めるタイプがあります。
●6、7番目の歯には健康保険のプラスチックを被せるタイプは適用されません。
●プラスチックアレルギーの無い患者さん向けです。

チタンを使用した治療

●金属アレルギーの患者さんで、はぎしり、くいしばりが強くセラミックやハイブリットでは強度的に心配な場合にお勧めしています。
●被せるタイプと詰めるタイプ共に可能です。
●色は、くすんだシルバー色ですので、審美的とは言い難いのですが見えない奥歯にはお勧め出来ます。
●チタンは、金属アレルギーの患者さんにも安心してお使い頂ける唯一の金属です。

強度のかかる奥歯にチタンの被せものを装着しました。
この部位ならば、通常おしゃべりしていても、第三者からは見えることはありません。


ban-soudan2_03

トップに戻る