金属アレルギー

アクセサリーを身につけて皮膚に炎症を起こす事がありませんか?

ネックレスやピアスを身につけたら首回りや耳たぶが、赤くかぶれてしまった。そんな経験はありませんか?

金属アレルギーとは

どの様な金属であっても合金の成分元素が溶出してヒトによってはアレルギー症状を引き起こすことがわかっています。

金属を原因とするアレルギー疾患の総称を「金属アレルギー」と言います。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状は、一般的にはかゆみを伴う発赤・腫脹・水疱の形成など湿疹の症状が多く見られ、なかには喘息のような症状を発症することもあります。

口腔内にある歯科用金属が原因でも、口腔内の粘膜に接触した部位に症状が現れることは少なく、離れた部位や全身性に発症するため、皮膚炎の原因を追及することは難しくなります。

 金属が原因で口腔内で発症する可能性のある疾患

  • 口腔扁平苔癬
  • 口内炎
  • 舌炎
  • 口唇炎
  • 口角炎
  • 舌痛症
  • 口腔粘膜痛
  • 異味症
  • 口腔乾燥症など

 

金属アレルギーを多く起こす元素

 

*水銀を除いて、これらの元素は健康保険に適用されている銀歯にも含まれています。

金属アレルギーの対処法

  • 金属に感作されないためには、ピアス・刺青・メッキしたアクセサリーや卑金属のアクセサリーを身につけないようにして下さい。
  • 口腔内では異種金属や耐蝕性の低い合金の使用を避けるようにします。
  • 歯科治療において具体的な材料として最も確実なものはセラミック、強度の必要な場合はチタン(金属の中では、まずアレルギーが出ないとされています)。 銀歯などが装着されている場合は、これらの材料と交換する必要があります。
  • 治療の詳細は「審美治療」の項目をご覧になって下さい。

金属アレルギーの症例

当院では金属アレルギーに対して以前から取り組んでいたのですが、なかなか患者さんに理解してもらえませんでした。ある時、当院と取引のある業者さんに相談したところ、業者さんのお母さんも金属アレルギーが原因で困っていたことをお聞きしました。

症状が出ている状態と治癒した状態の写真も撮っておいたそうなので、この写真も見せて頂く事になりました。以下、業者さんのお話です。


症例写真をお送りしました!保険の歯科金属が口腔内にあったときに足にできた扁平苔癬(という皮膚科の診断)と、保険の歯科金属除去後の皮膚の状態です。主人の母の写真です。

かゆみがひどく、しばらく皮膚科に通ってもステロイド剤が強くなるばかりで一向に治る気配がなかったのですが、保険金属を除去して以来、新しい扁平苔癬ができることがなくなり、その後徐々に回復して現在に至ります。ここまで改善するのに、4~5年かかりました。

当時は足が見えるためスカートもはけず、いつも足を隠すような服装しかできなかったのですが、今はおしゃれを楽しんでいて、以前よりも若返ったように見えます。母自身、口腔内の金属が原因だとは思っていなかった様子ですが、あんまりにも主人と私がしつこく言うので、仕方なく歯医者さんに行ってみたら……良くなった! という経緯がありました。

母は、歯医者さんのおかげで人生が良くなりました。 同じように、原因が分からずに悩んでいたり困っている患者さんが日本には大勢いると思います。口腔内の歯科金属を外せるのは歯医者さんしかいません。 伊藤先生にも、患者さんを助けていただければ嬉しいです。


身近なところで金属アレルギーによって症状も重く、苦しんでいる人がいたので私自身も少々驚いています。

もし、みなさんの中でも心当たりの症状がありましたらご来院下さい。インプラントに使用されている「チタン」は金属の中ではまずアレルギーが出ないとされているものです、ご安心下さい。

みなさんのお力になれれば幸いです。


ban-soudan2_03

トップに戻る