当院のインプラント治療に対する姿勢

1.歯周病の診査・治療

歯を失う原因は歯周病が一番高いのですが、その歯周病菌が多く存在するお口の中にインプラントを手術しても早期に脱落する危険が高くなります。当院では、インプラント治療を希望される患者さんには歯周病菌の検査からお勧めしています。
歯周病について

2.お口全体の咬み合わせの診査・治療

咬み合わせが悪いままになっていて、歯がグラグラになるなど様々な症状を訴える患者さんを多く拝見します。この様な状態ではインプラントにも悪影響を与えてしまいます。咬み合わせ全体を診査し必要があれば治療を行います。
かみ合わせについて

3.全身疾患のチェック

インプラント治療は手術が必要ですから、お身体の状態を把握していなければなりません。成人病程度でも局所麻酔や飲み薬を考慮しなければならず、場合によっては担当医師と連携して手術計画を立てていきます。
全身疾患と他院との連携

4.CT撮影と専用ソフトでの診断

安全に手術を計画・実施するためにはCT撮影は今や欠かせません。当院では正確なCT撮影のため連携病院に依頼しています。そのデータを基に専用ソフトで解析し患者さんに画像をお見せして説明しています。
CT・ソフト解析について

5.インプラントの短所の説明

当院ではインプラントの短所の説明もしてから、患者さんに決断してもらっています。

6.定期的なメンテナンスの実施

インプラントを長期的に維持するためにはメンテナンスを受けることが大変重要です。当院でインプラント治療を受ける患者さんには定期的なメンテナンスを受ける事を約束して頂いております。メンテナンスを受ける予定の無い患者さんにはインプラントをお勧めしておりません。

7.インプラント専門医取得の有無

インプラントは手術も必要な特殊な治療方法です、術者側には専門的な知識と技術の研鑽が必要となります。
当院院長は日本口腔インプラント学会 専門医を取得しております。
インプラント専門医について


ban-soudan2_03

トップに戻る