デジタル画像診断

CT撮影後、提携病院から届いたデータを今度は「画像診断」用にコンピューター処理会社に依頼します。

デジタルCT診断画像このコンピューター処理会社でデジタル処理されたデータを受け取り、当院にてインプラントの手術に対するシュミレーションを行っていきます。

この立体的なデータから、あごの骨の状態を詳細に調べます。

あごの骨の幅、高さ、神経、血管、上顎洞との距離を計測し、骨密度を考慮した上でインプラント体のサイズやインプラントの種類、手術方法を考察していきます。

 

 ←CT画像の撮影に戻る 治療の流れメニューページ カウンセリングへ進む→

ban-soudan2_03

トップに戻る