口腔内の検査

口腔内の状態を正確に把握するために、診査(検査)をいたします。

口腔内検査口腔内に虫歯菌や歯周病菌がいたのでは、どんなに良い手術を行なっても、早期にインプラントは脱落してしまうでしょう。これではせっかく受けた手術も無意味に終わってしまいます。当院ではまず、虫歯と歯周病の治療をきちんと行ってから、インプラント治療を行ないます。

虫歯の検査、歯周病の検査を行ない、歯周病によって失ったあごの骨を確認するために、レントゲンを撮影して骨の状態を把握します。(虫歯と歯周病の検査ですので、保険適用です。)

歯型を採得し、かみ合わせの診断を行ない、必要があれば口腔内全体のバランスを考慮した咬み合わせの治療も計画します。


 ←全身疾患に対する既往歴の
問診と医科への対診に戻る
治療の流れメニューページ CT画像の撮影へ進む→

ban-soudan2_03

トップに戻る