メンテナンス

完成後は、長くインプラントを使っていただくために、定期的にメンテナンスを実施しています。

インプラント完成から1週間後に、インプラントの状態を診査するためにレントゲンの撮影、咬み合わせの確認、インプラント周囲のブラッシングの状態を拝見します。

その後、インプラントの治療が完了した初年度は、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後と短い間隔でご来院頂いて、経過を観察していきます。

その際、定期的なメンテナンスとして

① 歯周検査・レントゲン撮影

② インプラントの周囲に付着した歯垢、歯石を専用の器具で除去

③ 天然歯全体も同様に歯垢・歯石の除去

④ 咬みあわせの診査

それ以降は1年に2~4回(患者さんの希望による)当院より連絡し、ご来院いただいてメンテナンスを実施していきます。

1年に1回程度、インプラントの上部構造体をはずして超音波洗浄・消毒を行い、土台の中にあるネジを増し締めしています。

メンテナンスこのようなメンテナンスの内容は、インプラントメーカーのスタッフさんからも、ここまで行う歯科医院はほとんど無いと驚かれています。
患者さんとしては時間のかかる処置なので口を開けていることが大変だと思いますが、インプラントや歯周組織にとって重要なことと考えています。

 

←上部構造体の装着―
インプラント完成に戻る
治療の流れメニューページ

ban-soudan2_03

トップに戻る