インプラント症例

奥歯のインプラント症例

横浜市瀬谷区 50代 女性

こちらの患者様は、この部位は以前まで入れ歯になっていました。
入れ歯を使うようになって、ワイヤーを前歯に引っ掛けるので目立っているのも気なっていましたが、入れ歯そのものがガタついて食べ物を良く咬めないし、おしゃべりも気を使ってしまう、とのことでした。そこで話し合った結果、インプラントの治療をすることになりました。

インプラント症例

デジタル画像診断したところ、前歯から奥歯にかけて、意外と顎の骨の幅が薄く、人工骨の移植が必要になりました。

術前から「人工骨の手術は少し腫れるかもしれません。」と患者さんに説明はしておりましたが、やはり手術後は少々腫れているようでしたので「ああっ、やっぱり少し腫れてしまいましたね、申し訳ありません。」と話しかけたところ、

「腫れているけど、あまり痛くないわ。インプラントの手術は2~3回でしょ?入れ歯は一生苦労するのだから、これくらいは我慢するわ!」と言っていただいたのです。

私は、こちらの患者さんの言葉に気持ちが救われるようでした。その後、インプラントの治療が完成して大変喜ばれ、毎日の生活にも何の心配もなく過ごされている様子です。今でも、この言葉は忘れられない思い出深い症例です。


ban-soudan2_03

トップに戻る