歯周病の進行

健康な歯肉

歯肉は引き締まっておりピンク色、口臭も無く、歯槽骨(あごの骨)にも問題がありません。

歯周病:初期

歯肉が赤く腫れ出血しやすくなります。

口臭も出始めますが、歯槽骨には大きな影響は出ていません。

歯周病:中等度

歯槽骨が腐敗し歯肉から膿を排出するようになります。

歯も左右に大きく動揺してきます。

ここでくい止めなければ歯を保存する事は難しくなります。

歯周病:重度

歯肉は常に膿み、突然腫れて痛み出します。
歯は上下に動揺し、多くの場合、抜歯に至ります。
歯槽骨を多く失っているので入れ歯も安定せず、日常生活にも支障が出てきます

歯周病・自己チェック

 歯肉が赤い、または赤黒い

 歯肉が腫れている

 歯肉がムズムズする

 歯を磨くと歯肉から出血する

 水やお湯がしみる

 膿が出る(口臭がする)

 歯がグラグラする

※歯周病は痛みが無いまま進行します。気付いた時には手遅れの場合も多く見られます。定期的に受診し、早めに治療を始められる事をおすすめ致します。
※早くて確実な治療には ⇒ 薬で治す歯周内科をお勧め致します

歯周病に関連するページ一覧


ban-soudan2_03

トップに戻る