全身疾患と他院との連携

患者さんの全身疾患を視野に入れています

歯科治療を始める際に局所麻酔を使用しますが、高血圧の患者さんの場合それを知らずに実行してしまうと危険な状態に陥る場合もあります。

このような場合、まず内科へ通院していただいて血圧を安定させてから歯科治療を始めています。

そのため問診表には解っている限りで結構ですので出来るだけ正確に記入していただくようお願いいたします。

当院では、安全な治療を提供するために患者さんの全身状態を考慮した治療の提案をしていきたいと考えています。

  • 矯正科・・・顎の骨の問題で当院の補綴治療だけでは治療が完了しない場合、矯正専門医をご紹介します。
  • 口腔外科・・・粘膜疾患、口腔癌、重度な顎関節症がある場合や、腰の骨を移植する必要のあるインプラント手術をなどは、口腔外科をご紹介します。
  • 内科・・・当院で外科手術が必要になり生体モニターで調べたところ、局所麻酔をする事が危険なほどの高血圧の患者さんがいらっしゃいました。まず内科で血圧を安定させてから歯科治療を始める事が基本となります。また、当院での検査の結果、歯周病が進んでいる場合、糖尿病も進んでいる事があるので並行して内科を受診していただいています。
  • 耳鼻科・・・頬を指差して「この辺が痛い!」と言う患者さんを精査したとき、いわゆる「蓄膿症」の疑いのある患者さんがいます。耳鼻科を受診してもらうと、やはり蓄膿症の処置に至った患者さんが当院では何人もいらっしゃいます。
  • 皮膚科・・・金属アレルギーの患者さんは、意外に多く存在します。保険適用の歯科用金属は金属アレルギーの原因にもなっています。このような場合は皮膚科に依頼してパッチテストを実施し、アレルギーが出る金属を特定します。そのデータを基に、当院にて治療を開始致します。

*上記のように、歯科治療が全身状態に関係している事をご存知ない患者さんが大勢いらっしゃると思います。これら全身疾患を考慮し、より良い健康状態になるようアドバイスさせていただいております。

 


ban-soudan2_03

トップに戻る