マイクロスコープ(手術用顕微鏡)の利用

医学部では脳神経外科での利用が知られているマイクロスコープですが、歯学部でも以前から各分野で利用されています。

当院では審美的な治療の際に歯牙を形成(人工の歯を被せるために形を整える事)する場合や外科手術を行う場合に利用しています。

歯牙の形成においては、肉眼では判断出来ない小さなデコボコや最も大切な「キワ」を整えることで、型をとる際にはより精密にとることができ、その型によって精密な模型を製作することで、技工所では人工の歯を製作する際にもより精密に製作することが出来ます。この様にマイクロスコープを利用した結果、歯肉に優しく2次的な虫歯の抑制に繋がります。

横浜市瀬谷区マイクロスコープ
手術分野では、インプラントの手術においてサイナスリフトを行う際に大いに役立っています。サイナスリフトとは上顎洞の薄い粘膜(ゆで卵の薄皮程度)を剥離して持ちあげ、そのスペースに人工骨を充填してインプラントを埋入していく方法です。この薄い粘膜を破らずに扱うことは至難の業なのですが、少しでも成功率を上げるために当院では無くてはならないものとなっています。

その他、重度な歯周病のための歯周外科手術外科的歯内療法(歯の根の手術)にも利用しています。

肉眼とマイクロスコープでの見え方の違い


ban-soudan2_03

トップに戻る