マイコン制御電動注射器

一般的に電動注射器は「注射器を一定の速度でゆっくり注入することによって、痛みを軽減する。」というものですが、実は、注射時の痛みというのは、通常の治療範囲なら術者の技量によって補うことが出来ます。

当院では、単なる「電動」ではなく、「マイコン制御」が出来る機種を選び、インプラントなどの重度な外科手術を必要とした症例に対して利用しています。
手術の方法や程度によって効率良く長時間麻酔を奏効させるために、特定の部位に高圧で底流量での麻酔薬の注入が必要になります。この方法はけっして手圧で行ってはならず、精度の高いマイコン制御の電動注射器が必要になります。

マイコン制御電動注射器を使うことによって、重度で長時間かかる手術でも、患者さんに苦痛を感じさせず安心して受けて頂けます。

 

振動型 疼痛軽減装置


当院では、振動型 疼痛軽減装置も利用して、麻酔注射針の刺入痛や麻酔液を組織内に注入する際に発生する“痛み”を最小限にとどめています。


ban-soudan2_03

トップに戻る