院内感染防止対策

滅菌とは?

消毒 消毒
病原性のある微生物を殺滅し、感染力を低下させ感染防止を目的としている事
 殺菌 殺菌
病原微生物を殺すこと。消毒よりは強いのですが、まだ不十分です。
 滅菌 滅菌
病原性の有無を問わずウィルスを含め全ての生物を殺滅、除去する事

院内感染防止対策の必要性

当院では、初診時に、問診表に過去の病気について既往歴を記入していただいて院内感染を防ぐ努力をしておりますが、ご本人が病歴について知らなかったり、病気に気が付かなかったり、記入していただけなかったり、当院でも把握不可能な事態も考えられます。 また、そのようなお話しを耳にします。

ウィルス疾患などの感染症において、医療関係者が針刺し事故による感染は医療の現場では時々聞かれることです。

当院では、滅菌・消毒には出来る限りの対策を施していますが、他の患者さんへの感染リスクを少しでも少なくするために「問診票」には正確に記入することをお願いしております。

また、虫歯や歯周病は細菌が原因です。これらの細菌は家族間でも感染する事が判っており、妊婦さんが歯周病になっている場合、胎児にまで影響を及ぼします。

このようなウィルスや細菌から患者さんをお守りするのが、「院内感染防止対策」なのです。


当院で行っている院内感染防止対策

インプラントに使用する手術器具などは当然、以前から一つ一つ滅菌パックに入れ、完全に滅菌したものをお出ししておりましたが、一般歯科治療では、使用する器具の細かさや繊細さから、滅菌することが物理的に不可能でした。

しかし当院では、最新の機材の導入とスタッフの努力により、一般歯科治療で使用する多くの器具を滅菌しています。

近年「院内感染防止対策」と叫ばれていますが、一日何十人もの患者さん一人一人に対して、器具類を個別に滅菌する徹底した対策を行っている歯科医院は未だに少ないそうです。

院内感染防止対策を実施するにあたり、人間の手を介する作業がほとんどのため、相当な時間と手間がかかります。また、設備投資に加え、ランニングコスト等もかかります。

しかし、これらを徹底して行う事によって十分な効果を期待でき、患者さんには安心して治療を受けて頂けると思います。


各種器具類の滅菌方法と専用機器

[タービン類]

① 歯を切削するためのタービン類は、口腔内に入り高速回転するので、バイ菌を撒き散らすことになります。

これを患者さん毎に交換、滅菌するためには、いくつものセットを用意しなければいけないのですが、高価なので実施しづらい領域です。

しかし感染防止の効果が最も大きいところでもあります

 

② このタービンをまず、専用のオイル洗浄機で洗浄します。

タービン洗浄機

 

③ その後、高圧蒸気滅菌器で滅菌します。

当院では高圧蒸気滅菌機大・中・小型の3台を設備しており、各種の特徴を活かして活用しています。タービン用には医科用の最新式高圧蒸気滅菌機を導入しています。医科用のこの器機にこだわる理由は、通常のものと違い、機器の内部が真空になりタービン内部の「空気だまり」まで滅菌する機能があるためです。

この機能によって、タービン内部に残留したバイ菌を口腔内に拡散しなくてすみます。

 

[ファイル類] (歯の神経の治療に使用する小器具)

横浜市瀬谷区のファイル

このファイルは通常「薬液消毒」ですが、直接、歯の神経内部に入るので徹底した滅菌が必要と考えています。

しかし、このファイルのプラスチックの部分が、滅菌器の熱によって溶けてしまい使用不能となってしまいます。また、歯の神経の治療は頻繁に行う上に患者さんごとに毎回交換するため多くのセットを用意し滅菌を繰り返すため、プラスチックが溶けない機能滅菌サイクルの速い機能を搭載した最新の高圧蒸気滅菌器を導入しています。

 

[ダイヤモンドバー]  (歯を切削するための小器具)

これも口腔内で高速で回転するためバイ菌を拡散することになります。通常は薬液消毒ですが、多くのセットを用意して患者さん毎に滅菌したものを使用しています。

横浜市ダイヤモンドバー

 

[ガラス製シリンジとカップ]  (歯の神経内を薬液洗浄するための器具類)

ガラス製シリンジ

通常はプラスチック製を使用するため、熱に弱く消耗するので消毒での対応となります。       そこで滅菌対応するために苦慮した結果、ガラス製のシリンジを使用する事にしました。

このシリンジとカップもいくつものセットを用意して患者さん毎に滅菌しています。

 

[超音波洗浄機]   (治療器具や手術用器具などを洗浄消毒するための機器)

 

前述のファイル類やバー類、その他、治療に使用する器具は全てこの超音波洗浄機に入れて消毒します。ブラシでは除去出来ない細かな部位に入り込んだ汚れに大きな効果を発揮します。

これを大・中・小型のもの3台を設備し消毒とすすぎに使用しています。

その後、各器具を滅菌パックしたり専用カセットに入れて高圧蒸気滅菌機で滅菌していきます。

 

[各種薬液保存用の瓶類]
通常では、瓶の中へ直接器具を入れて薬液を採取します。

新しいシステムでは、薬液が汚染されないようにレバーを押して薬液を出し、プラスチック製の薬液受け皿に滴下します。この受け皿はプラスチック製のため、数回滅菌したら使用出来なくなるので廃棄します。

 

当院で使用している薬瓶の新しい装置

 

[手術用器具類]  

手術に使用する器具類は全て滅菌パックに入れて滅菌しています。                            上の画像のドレープ(緑色の布)も滅菌します。                                  手術室内は可能な限り清潔な環境を構築しています。

歯科医師・歯科衛生士は手術着・帽子を装着し、グローブは手術毎に交換しています。
滅菌出来ないものは、使い捨てのものを使用しています。

しかし、時代背景からスタッフの意見として「地球に優しくする」ため・・・コストもかかりますが、なるべく繰り返し滅菌出来るものを選ぶようにしています。

このような試みは、多くの投資を必要としますが患者さんに解りずらいところなので、現状では一般歯科医院では実施しずらいところでもあります。

これらの取り組みを実行する事によって地域に貢献するものと思っています。


ban-soudan2_03

トップに戻る