他院で断られてしまった(難症例の)患者さんへ

他の医院で

「インプラントは、あごの骨にインプラント体を埋め込む手術なので、あごの骨の厚みや高さが無いと手術を受けることができません。」

という説明を受けた患者さんが、当院に相談に来られます。

このような場合にはインプラントの手術を行う際に、あごの骨に人工骨の移植を行うことでインプラントを埋め込むことができます。

人工骨の移植となると術者としては、専門の知識と技術の習得が必要になります。また、正しい滅菌(院内感染防止対策)を行っている医院でないと、細菌やウイルスなどの感染リスクが高まります。

当院では、骨が少ない場合の難症例でも、多くの患者さんに希望を持っていただけるように、インプラント専門医として幅広い手術方法を学び、習得しています。

また、本格的な院内感染防止対策(滅菌)も行っており安全に配慮しています。

通常の症例から他院で断られてしまった難症例まで、多数の患者さんが当院でインプラントの手術を受けられ、充実した人生を送られています。

どうぞ安心して、ご相談ください。あなたにとってより良い治療法を考えて参ります。


ban-soudan2_03

トップに戻る