GBR法(骨再生誘導法)

GBR法とは

GBR法は「骨再生誘導法」とも言います。

吸収したり破壊されたりしている歯槽骨を再生させる方法です。患者さんの歯槽骨が薄くて、インプラントを埋め込むだけの骨の厚みが足りない場合も、GBR法を行えばインプラントができるようになります。


GBR法の流れ

骨の幅が薄い部位にインプラントを埋入すると、部分的に露出してしまいます。
露出した部分を人工骨によって補い、その上を人工の膜で覆います。
その後、剥離した歯肉を縫合して終了します。

GBR法


このようにして骨の再生を促す治療方法です。

人工骨は一度吸収し、その後、血液の供給によって新しい骨ができます。はじめに填入した人工骨のすべてが新しい骨になるわけではなく、30%~40%が吸収され、約60%~70%程度の量の骨が新たにできます。

新しい骨ができるまでに、4~6ヵ月程度の時間がかかります。1回で目標の骨の量ができない場合は、2~3回GBR法を繰り返します。

(人工骨の種類は、ハイドロキシアパタイトなどの人工材料と、牛骨由来、人骨由来のものがあります。)


ban-soudan2_03

トップに戻る