自家骨・ブロック骨移植

自家骨・ブロック骨移植とは

顎の骨が非常に痩せていて、前述したGBR法では間に合わない場合、患者さんご自身の骨をブロック状に採取して移植する方法です。

顎の骨が大きく欠損している場合でも、補うことができます。

自家骨


自家骨・ブロック骨移植の手術の流れ

1)ブロック骨は、多くの場合、下顎の親知らずの付近から採取します。
2)インプラントを埋入する予定の場所に、ブロック骨を専用のチタンのスクリューで固定します。
3)ブロック骨のすき間を、粉砕した自家骨や人工骨で埋めて、人工の膜を被せます。
4)ブロック骨と人工骨が安定するまで、4~6ヶ月待ちます。
5)チタンのスクリューを取り除き、インプラントを埋入します。


ban-soudan2_03

トップに戻る