きちんと咬めるようになる、適正なかみ合わせ

インプラント成功のための、もう一つのカギ ―咬み合わせ―

インプラントは、手術ばかりが成功のカギではないのです。

私は、手術が成功しただけでは、インプラントが成功したとは言えないと思っています。

上部構造体(人工の歯の部分)の咬み合わせはとても重要で、インプラントの維持期間を左右してしまいます。

インプラントを治療する部位だけでなく、天然歯の咬み合わせを全体的に考慮して上下左右のバランスを整える治療しなければ、長期的に維持することは難しいと考えています。

インプラントの咬み合わせには独特な考え方があり、ここでも専門的な知識を必要としています。

当院では適正な「咬み合わせ」を構築するための診査を行い、全体的にバランスの良い状態を目指して治療していきます。


精密な咬み合わせを構築するために、当院での治療工程

1.インプラントや天然歯の正確な位置決めのための「型」採り

●正確に型を採るための材料

専門書などでインプラントに適切な材料を調べ、実際にいろいろなものを使用して比較検討した結果、現在の材料を採用することにしました。他社のものに比べて、歪の少ない型が安定して採得することができます。また、診療室の室内温度にも影響を受けることが判明したので、室内温度も管理しながら行なっています。

●正確に型を採るための方法

当初はインプラントメーカーの推奨する方法を採用していましたが、それだけでは当院の目指している精度を達成できないので、専門書を調べたり研修に参加し検討した結果、現在の方法を採用すしています。治療時間も工程も複雑になり来院回数も増えますが、良い結果が得られています。

●型に流し込む歪の少ない石膏

正確な歯型を採得した後、石膏を流し込んで模型を製作します。ここで使用する石膏は、型を採る材料に相性の良い、精度が高く、強度も高いものを選択しています。

2.複雑なあごの動きを再現するために

当院では、下の写真のように、頭蓋骨に対して歯並びの位置決めを行なうために特殊な装置を使用しています。

咬合器

これに加えて、あごの動きを正確に再現するための資料採りを行います。あごを前方、左右に運動させて、それぞれの記録をとります。

これらの記録を歯科技工所に送り、精密な上部構造体(人工の歯)の製作のために試行錯誤していくのです。

当院と取引のある歯科技工所は、たくさんの顧客(歯科医院)を抱えているそうですが、この様な方法を実践しているのは当院だけのようです。

もっと難しく複雑なかみ合わせでは、下左の写真のような、あごの動きを3次元的に計測、分析する装置を使用して、患者さんにとって理想的な咬み合わせを模索していきます。

咬合解析装置 咬合器
咬合解析装置 咬合器
インプラントでも大きな症例に使用する、あごと咬み合わせの解析装置. 人工の歯を製作するためのジグ、あごや咬み合わせの複雑な動きを再現できるものを使用.

 

3.正確な咬み合わせの上部構造体を製作する、歯科技工所

歯科技工所にもそれぞれ得意分野があり、専門化してきています。

インプラント専門の勉強した歯科技工士さんも存在し、日頃から学会や研修会に出席して研鑽しているので、精密な上部構造体を求める当院にとっては、強い味方です。

前述の石膏模型の製作から、すでに他の技工所とは違った方法で行なっています。その後の製作物も面倒で複雑な工程を、ていねいにコツコツ進めていきます。

例えば、治療工程で気になることが発生した場合、確認のため患者さんにわざわざ来院してもらったとしても、精密な治療を実行することによってインプラントが長期的に維持できることの方が良いのではないかと思っています。

この様に、当院での上部構造体の製作は、型を採って次回完成とはならず、製作期間も長期間かかってしまうことをご理解ください。



ban-soudan2_03

トップに戻る