安全で確実なインプラントのためのデジタル画像診断

安全で確実なインプラントのためのデジタル画像診断

医療の現場では常日頃から、少しでも成功率が上がるように努力を絶やしません。

手術を成功に導くためには、まず正確な診断が不可欠です。
正確な診断を下すためには正確な検査が必要になります。

そこで重要な役割を占めているのが、CTによる検査です。
最近では歯科用CTを設置している医院も見られますが、残念ながらこれらのCTでは骨密度を正確に測定できていません。

CT画像そこで当院ではCT撮影専門病院や総合病院と提携し、良好なCTデータを得ています。

このCTデータをデジタル画像処理するメーカーへ送り、このデータを基に当院にてインプラントの手術のためのシュミレーションを行っていきます。

このデジタル画像診断をする事により、患者さんのあごの骨の状態を詳しく把握する事が出来ます。

血管や神経の走向を知る事が出来るので安全に配慮する事ができます。また骨密度を測定出来るので、その数値から適切なインプラントの種類を選択したり手術方法を検討していきます。

実際に手術を行う前に、どのような状態になるのか患者さんに安心していただくため、コピューター画面上でシュミレーションした画像をご覧頂いてます

3次元的な画像の中で「直径○mm×長径○mmのインプラント体」を埋入した状態を解りやすく患者さんに説明することが出来ます。


その他に

これらのデータから、手術を正確に行うためのサージカルガイドという装置を製作します。

難症例の場合は、特に安全を期すため、3次元的な顎骨の1分の1モデルを製作します。

手にとってあごの骨の状態を詳細に観察する事ができるので、手術前にとても参考になります。


ban-soudan2_03

トップに戻る